包皮には存在理由があるんです【wiencommunity】

包茎に苦しんでいるみなさんに朗報です!包皮には存在理由があるんです! - 包茎は早漏の原因なのか

アーカイブ

更新情報

包茎は早漏の原因なのか


包茎に苦しんでいるみなさん、いっそのこと病院で包皮を切ってもらって楽になりたいと思っていませんか。
包皮は亀頭を覆って恥垢が溜まる原因だとか男としてみっともないと考えている方が多いようですが、実は包皮には、それなりの存在理由があるのです。
包皮は単なる皮ではありません。包皮には多数の感覚器が存在しています。包皮内の感覚器には、さまざまな感覚を察知する受容器が存在しているのです。
包皮の内側には、マイスナー小体と呼ばれる感覚器が多数存在することが明らかになりました。
マイスナー小体の働きは、包皮にかかる圧力を敏感に察知することです。
包皮の内側は、人間の指先と同程度の敏感な圧力感覚を持っているのです。
今でも包茎は、男性らしさを損なわせる身体的欠陥のイメージがありますが、マイスナー小体のおかげで、セックスの時に、亀頭が敏感になってしまうのかもしれません。
包茎は早漏の原因という話を良く聞きますが、じつはマイスナー小体が原因かもしれません。
包皮には別の働きもあります。亀頭が包皮に包まれていることによって、セックスの時には、陰茎をスムーズに動かすことができることが明らかにされています。
長い包皮には弾力性があるため、スムーズな動きが可能になるのです。
包茎と言えば、くさいみっともない女性にモテない身体的欠陥の代名詞のようですが、包茎にも、まんざらではないメリットがあるようです。
カントン包茎や真性包茎なら、なんらかの治療が必要になってきますが、仮性包茎ならいろいろとメリットがあるようです。

包茎を意図的に作る手術


多くの日本人男性を悩ましている身体的悩みと言えば、包茎が挙げられます。
包茎は、誰にでも相談できる悩みではないため、人知れず悩んでいる方が多いはずです。
包茎には2種類あります。
1つ目は仮性包茎です。仮性包茎とは、通常時は包皮が亀頭を覆っています。しかし自力で包皮を剥いて、亀頭を露出させることができます。
勃起時は自然に包皮が剥けるか自力で包皮を剥くことができます。
2つ目は真性包茎です。真性包茎とは普段はもちろんのこと勃起時でも包皮が亀頭を覆っています。自力で包皮を剥くことができません。
真性包茎の治療はいろいろありますが、一般的には手術が多いです。余分な包皮を切除して、亀頭が露出できる状態にします。
しかし普通なら包皮を切り取って、包茎をなくすはずなのに、少数ですが、包茎にする手術が存在することをご存知ですか。
アメリカでは、包茎を意図的に作る手術がお行われています。
海外では、生まれた直後の赤ん坊に対して、割礼と呼ばれる手術が行われます。
割礼とは、包茎にならないために、包皮の一部を切り取ってしまうのです。
原住民のなかには、儀式として割礼が行われる場合があります。
しかし割礼は、将来の亀頭がどのくらい大きくなるのか計算をせず、切除してしまうことがほとんどなので、成人になってから包皮が足りなくなって、勃起時に包皮が足りず、突っ張ってしまって、陰茎が突っ張ってしまうトラブルが起きてしまうのです。そこで包皮を足す手術が行われます。
包皮を足す手術は、まだ術例が少なく、技術的にはこれからの部分が多いので、割礼は避けた方が良さそうです。

http://www.fossum-multimedia.com/
包茎手術【包茎治療の優良クリニックの比較ランキング】

Copyright(C)2014包皮には存在理由があるんです【wiencommunity】All Rights Reserved.